入れ歯の先進国ドイツ生まれ「テレスコープ式の入れ歯」

一口に入れ歯といっても、さまざまなタイプがあります。

現在、日本の健康保険で作れる入れ歯は、クラスプと呼ばれる金属バネを使ったタイプ。残っている歯にクラスプを引っかけて、入れ歯を固定するようになっています。口を開けるとクラスプが見えるので、入れ歯をつけていることがすぐ分かります。

しかし、歯科医療の先進国であるドイツでは、すでにクラスプの入れ歯は選択肢から外されています。残っている歯に余分な負担をかける、旧式の治療法とされているためです。

では、ドイツではどんな入れ歯治療が行われているのでしょうか。

ドイツで使われている「テレスコープ義歯」

歯科先進国であるドイツで主流となっているのは、「テレスコープ」という入れ歯です。

入れ歯を固定するために残っている歯を使うというのは、クラスプ式の入れ歯と同じです。しかしテレスコープは、残っている歯の上に入れ歯をかぶせることで固定する、はめ込み式の構造になっています。

クラスプ式の入れ歯は、歯を失った部分の両隣の歯に金属パネをかけて固定します。バネは丈夫な金属で作られていますが、長い間使っていると次第に緩んで入れ歯が安定しなくなります。また、バネのかかっている歯だけに余分な力がかかるため、歯を痛めてしまうことがあります。

テレスコープ式の入れ歯は、残っているすべての歯で入れ歯を支える構造になっています。1本の歯にかかる負担が少なくなるため、残っている歯を長持ちさせることができるのです。また、長期間使い続けても緩みなどが起こることが少なく、入れ歯がつねに安定した状態になります。

なによりも、金属バネのように外から見えてしまう部品を使わないということが、テレスコープ式の入れ歯の最大の特徴です。
そのため、見た目にも入れ歯を使っていることがわかりにくいというメリットがあります。
また、テレスコープ式の入れ歯はしっかりと固定できるため、硬いものや噛み切りにくいものでも苦労なく食べられます。

テレスコープ式の入れ歯は、非常に精密な構造をしているため、ドイツでも決して安価に手に入るわけではありません。それでも最初にお金をかけて質の良いものを作り、修理や調整を繰り返しながら長期間使い続けるのです。

ドイツのことわざには「安物買うほど金持ちではない」ということわざがあります。
安い製品はすぐに壊れてしまうので、何度も買い直す必要があるためお金がかかる。だから貧乏な人は、最初から高くても良い製品を買って長く使いつつける、という意味です。
まさに質実剛健で合理主義のドイツらしいことわざだと思いませんか。

長い目で見た場合、安い物を何度も買い換えるより良い物を使い続けたほうが、金銭的な負担は少なくなります。「入れ歯は人生を決める選択肢!高い買い物ではありません」でも述べたように、歯が健康な人ほど、一生涯にかかる総医療費が少なくなるというデータもあります。また安い物と良い物では、使っている時の快適さは比較になりません。

テレスコープ式の入れ歯は100年以上の歴史があり、その間にも改良を繰り返されてきました。歯科先進国のドイツが研究を重ねて作り出したテレスコープ式の入れ歯は、世界的にも高い評価を受けています。

テレスコープ式の入れ歯の歴史

テレスコープ式の入れ歯が生まれたのは、1886年のこと。アメリカの歯科医師スター・R・ウォルターによって考案されました。

テレスコープ(telescope)とは望遠鏡のことですが、「(望遠鏡のように)はめ込む」「めり込ませる」という意味もあります。ウォルター医師の開発した入れ歯は、残っている歯の上に入れ歯を「はめ込む」という方式であったことから、テレスコープと名付けられました。

1900年代に入ってテレスコープ式の入れ歯がヨーロッパに伝わると、ドイツをはじめとする各国で研究が進められ、改良が加えられました。テレスコープ式の入れ歯の設計や製作方法、使用する金属、適応症、使用中に起こるトラブルへの対策など、治療体系も整備されてきました。

ひと口にテレスコープ式の入れ歯といっても、じつは様々な種類があります。代表的なものとしては、コーヌステレスコープ、レジリエンツテレスコープ、リーゲルテレスコープが挙げられます。

いずれも残っている歯の上にはめ込むことに変わりはありませんが、土台となる歯と入れ歯を密着させる方法に違いがあります。どのテレスコープが適しているのかは、残っている歯やお口の中の状態によって違ってきます。

日本の歯科医療にテレスコープ式の入れ歯が取り入れられたのは1980年のこと。当時、文献をもとに見よう見まねで作られたコーヌスクローネが紹介され、一時は爆発的な流行となりました。

しかし、テレスコープ式の入れ歯による治療には、非常に高度で繊細な技術が必要になります。当時の日本には、テレスコープ式の入れ歯を理論通りに制作できる歯科技工士はほとんどいませんでした。また、正しい設計や適応症の判断ができない歯科医師も数多く存在しました。その結果、不十分な治療となるケースが頻発し、テレスコープ式の入れ歯そのものの評価が落ちてしまったのです。もしかしたら、高齢者の中には、「テレスコープといえば外れやすく使いにくい」という、本来の利点とはまったく逆の負のイメージを持たれている方もいるかもしれませんね。

当時、ドイツのチュービンゲン大学の客員教授として、ケルバー教授から直接テレスコープの技術を学んでいた日本歯科大学教授だった稲葉繁氏(現・IPSG最高顧問、IPSG包括歯科医療研究会代表)は、ドイツ留学から帰国して、こうした状況に大変驚いたそうです。
ドイツで学んだものとは似て非なる作製方法が日本で広まっており、適応症の選択も間違えているし、コーヌスはテレスコープシステムのほんの一部にすぎないのに、日本のコーヌスクローネがコーヌス一辺倒で評判を落としてしまっていたからです。
稲葉氏は、ドイツで行われている正式なつくり方と素晴らしい結果を啓発する必要があると考え、『正統派コーヌスクローネ』という書籍を執筆し、それ以来、今日に至るまでドイツで行われているテレスコープシステムの教育と臨床を行っています。
もちろん、稲葉教授が紹介した正しい方法で作られたコーヌステレスコープは、30年たってもトラブルは起こらなかったという報告がされています。

現在では、日本の歯科医療技術も進歩しました。テレスコープ式の入れ歯の研究を専門にしている、あるいはドイツに留学してテレスコープのを学んできたという歯科医師も数多く誕生しています。
テレスコープ式の入れ歯のもつ本来の力を存分に発揮できる状況が日本でもようやく整ったといえるのです。

テレスコープ式の入れ歯のしくみ

テレスコープ式の入れ歯とは、はめ込み式になっている入れ歯の総称です。パラレルテレスコープ、コーヌステレスコープ、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープ、アンカーバンドテレスコープなどさまざまな種類があります。

本場ドイツでは症状にあわせて使い分けられていますが、コーヌステレスコープ、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープの3種類で、ほとんどすべての症例をカバーすることができます。

テレスコープ式の入れ歯の基本的なしくみを紹介しましょう。
まず、残っている歯の表面を削って内冠と呼ばれる金属をかぶせます。
入れ歯の内側には外冠と呼ばれる部分があり、内冠にぴったりとはまる形に設計されています。
残っている歯の上に入れ歯をはめると外冠と内冠が密着し、摩擦によって外れにくくなるのです。

保険内治療で用いられる「クラスプ」

テレスコープ式の入れ歯には、クラスプのような外から見える部品がありません。クラスプとは部分入れ歯に用いる細い針金のような部品です。クラスプを引っ掛けることで入れ歯を維持・安定させる仕組みです。そのため見た目が美しく、入れ歯ということがわかりにくくなっています。

クラスプ式の入れ歯の場合、硬いものを噛むと金属バネがずれて、入れ歯がガタついてしまうことがあります。しかしテレスコープ式の入れ歯は、内冠と外冠の摩擦で固定されているので、ズレやガタつきが少なく硬いものでも容易に噛めます。

大きく口を開けても外れることがないので、しゃべったり笑ったりといったことも自然にできます。残っている歯にかかる力が分散されているため、違和感が少ないのも特徴のひとつです。

テレスコープ式の入れ歯と同じように硬いものを噛めるようになる治療法として、インプラントがあります。インプラントは歯を失った部分の骨に人工歯根を埋め込んで、そこに入れ歯を取り付ける治療です。人工歯根を埋め込むためには、外科手術が必要になります。

テレスコープ式の入れ歯では、外科手術のような大がかり治療は必要ありません。内冠をはめる時も、通常の歯科診療と同程度の負担しかかかりません。そのため、高血圧や糖尿病などで手術が難しい方、骨が薄くインプラントに向いていない方でも治療が受けられます。

別記事「【種類別】入れ歯ができるまでのステップ全図解」で、保険内でつくれる総入れ歯・部分入れ歯の制作ステップととテレスコープ式入れ歯の制作ステップを細かく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

テレスコープ式の入れ歯の5つのメリット

  • 安定感があり、硬いものも噛める
  • 外れにくい
  • 見た目に入れ歯だということが分かりにくい
  • つけているときの違和感が少ない
  • 外科手術のような大がかりな治療の必要がない

テレスコープ式の入れ歯のデメリット

良いことずくめに思えるテレスコープ式の入れ歯ですが、もちろんデメリットもあります。

まず、残っている歯に内冠をかぶせて固定するため、健康な歯を削る必要があります。せっかく残っている歯なのに削らなければならないということで、心理的に抵抗感を感じる人もいるでしょう。

歯を削ると、冷たいものがしみたり、痛みを感じたりすることがあります。歯の外側を覆っている硬いエナメル質を削り取ってしまうので、虫歯になりやすいというリスクもあります。

また、テレスコープ式の入れ歯の制作には高度な技術が必要になります。そのため、治療開始から実際に入れ歯が使えるようになるまでに、多少の時間がかかってしまいます。

さらに日本では、保険診療でテレスコープ式の入れ歯を作ることは認められていません。自費で作ることになるため、治療費も高額になります。

それだけ手間と時間と治療費をかけて作っても、土台となっている歯が抜けてしまったなどお口の状態に変化があれば、入れ歯の修理や調整を行わなければいけません。精密な構造だけに、修理や調整にも時間と手間がかかります。

こういったデメリットもあることから、テレスコープ式の入れ歯の治療自体、どこの歯科医院でも受けられるというものではありません。

テレスコープ式の入れ歯を作る場合には、まず歯科医院に問い合わせて治療を受けられるかどうか確認すること。そして歯科医師とじっくり話し合い、疑問や不明点を解消して納得してから治療を受けるようにしましょう。

テレスコープ式の入れ歯の5つのデメリット

  • 歯を削る必要性がある
  • 制作には高度で繊細な技術が必要
  • 制作にも修理にも時間がかかる
  • 治療費が高い
  • どの歯科医院でも治療が受けられるわけではない

テレスコープ式の入れ歯にかかる費用

健康保険とは、誰でも「必要最低限の治療」が受けられることを保証するシステムです。そのため、テレスコープ式の入れ歯の治療には適用されません。どの歯科医院であっても、自費診療になってしまいます。

上でも説明したとおり、治療費が高くつくのが、テレスコープ式の入れ歯の最大のデメリットといってもいいでしょう。では、どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。

保険内となっている診療は、日本全国どの歯科医院で受けても料金は変わりません。しかし、保険外となる自費診療の治療費は、歯科医院によって自由に設定できます。
このため、「テレスコープ式の入れ歯の治療費はいくら」といった形で言いきることはできませんが、だいたいの目安としては、内冠をはめる費用が1本につき10~20万円。テレスコープ式の入れ歯の本体が1本につき20~30万円となっています。
つまり、1本の歯を失ったときに両隣の歯を含めて3本分のテレスコープ式の入れ歯を作る場合、最低でも90万円かかるという計算になります。
これはあくまで目安なので、もっと高額の治療費が必要になる歯科医院もあります。

たしかに気軽に払うことができる治療費ではありませんが、テレスコープ式の入れ歯は、その金額を払う価値のある治療法だともいえるのではないでしょうか。

また、さまざまな銀行や信販会社が、「デンタルローン」のプランを提供しています。デンタルローンとは歯科治療専用の立て替え払い契約です。「知って安心、デンタルローンを活用しましょう」で詳しく紹介していますので、治療費のことで悩むようなことがありましたら、まずはかかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

さまざまなテレスコープ式の入れ歯の紹介

パラレル(シリンダ型)テレスコープ

最初にウォルター医師が開発したのが、パラレルテレスコープです。これがすべてのテレスコープ式の入れ歯の基本といっていいでしょう。

歯を削って円筒形の内冠をかぶせ、そこにぴったりと合う外冠をかぶせる方法です。内冠と外冠が平行になることから、パラレルテレスコープと呼ばれています。

イメージとしては、茶筒を想像するといいかもしれません。茶筒の蓋を閉めた状態で振り回しても、蓋が外れて中から茶葉が飛び出ることはありません。でも、ゆっくりと力をかければ、茶筒は簡単に開きます。これと同じ原理を使っているのが、バラレルテレスコープです。

パラレルテレスコープでは、内冠と外冠がぴったりと合っていなければなりません。外冠が少しでも収縮すると、はめ込むことができなくなります。反対に外冠が膨張すると、摩擦力が失われて外れやすくなってしまいます。

内冠と外冠に使われる金属によっては、使っているうちに歪みや摩耗が起こってきます。そのたびに修理や調整を行わなければなりません。制作にもかなりの技術が必要になるため、現在ではほとんど使われなくなっています。

ただ、パラレルテレスコープの考え方は、レジリエンツテレスコープなどに応用されています。ドイツではパラレルテレスコープの内冠に放電加工を施して、外冠を保持するようなテレスコープも開発されています。

コーヌステレスコープ

 コーヌス(konus)とは、日本語で言うと「円錐形」のこと。歯に取り付ける内冠が、円錐形の先端を切り取ったような形をしていることから名付けられました。内冠にはコーヌス角と呼ばれる角度がついていて、そこにぴったりと合う形の外冠をはめることで入れ歯を保持します。

パラレルテレスコープが茶筒なら、コーヌステレスコープは紙コップをイメージするといいでしょう。同じ形をしたコップをぴったり重ねると、力任せに外そうとしても外れません。コーヌステレスコープにもそれと同じ、ゼロフィッティングによる真空密着状態によって維持力が発揮されているのです。
コーヌステレスコープの入れ歯を外すときには指をかけて持ち上げます。コーヌス角は6度が維持力と義歯の着脱しやすさの絶妙なバランスとされていますが、コーヌス角を変えることで、維持力や外しやすさを調整できます。
密着状態になることで維持力が発揮され、逆に外すときは維持歯にかかる力は一瞬だけ、少しでも離れれば歯に余計な力がかからないという、とても歯にやさしい方式がコーヌステレスコープです。

また、コーヌステレスコープでは、土台となる歯は全体が内冠で覆われることになります。そのため、虫歯になるリスクが少なくなるので、毎日のメンテナンスも楽になります。

ただし、コーヌステレスコープの土台には、神経を抜いてしまった歯は使えません。また、残っている歯の位置によっては、土台として使えないこともあります。

レジリエンツテレスコープ

たとえば、残っている歯が数本になってしまったとしましょう。
この場合、保険内治療では、すべての歯が抜けるのを待って、総入れ歯という選択肢になることがほとんどです。

そんなときに使えるのがレジリエンツテレスコープ。片顎で残っている歯が4本以下の場合に適応します。

 レジリエンツテレスコープは、歯ではなく粘膜で支えるタイプなので、残っている歯にはほとんど負担がかかりません。そのため歯を長持ちさせることができますし、歯周病などで歯の状態が悪くなっていても利用できます。

入れ歯本体の形状としては、顎の粘膜の形に合わせた床を作ります。内側には外冠が取り付けられていますが、歯にかぶせた内冠と外冠の間にはミクロン単位の隙間ができるようになっています。これは、噛むたびに粘膜がわずかに沈み込むためです。

レジリエンツテレスコープの大きな利点として、歯が抜けてしまった部分に自由に入れ歯を配置できるということがあります。理想的な噛み合わせを実現できるため、食事の時の負担がより少なくなります。

また、寝るときにもつけたままで大丈夫なので、お口が乾きにくく呼吸も楽になります。万が一、就寝中に火事や地震などが起こってもそのまま避難できるので、被災後に入れ歯がなくて困ったということがありません。

リーゲルテレスコープ

 リーゲルとは、ドイツ語でかんぬきのこと。その名前のとおり、入れ歯部分にかんぬきのようなレバーのついているテレスコープです。

コーヌステレスコープでは、残っている歯に1本ずつ内冠をかぶせます。それに対してリーゲルテレスコープは、残っている歯を金属の棒でつないだような形の内冠をかぶせます。

はめ込む入れ歯本体には小さなレバーがあり、はめ込んでからそのレバーを閉めることで、入れ歯が固定されます。レバーは入れ歯にぴったりとはまるようにできていて、閉めてしまえば舌で触ってもほとんど分かりません。

もちろんレバーは歯の内側部分につけられているので、外からは見えません。そのため、見た目の違和感もなく自然に見えます。

リーゲルテレスコープの特徴として、内冠を小さくできることや、ほかのテレスコープよりもさらに外れにくいことが挙げられます。残っている歯にかかる力も少ないので、神経が抜かれていても利用できます。

ただ、ほかのテレスコープよりも構造が複雑なので、制作の難易度がさらに高くなるという欠点も。歯科技工士の養成校でも、リーゲルテレスコープの実習を行っているところはほとんどありません。

また、内冠の構造も複雑になっているので、入れ歯を外したときのメンテナンスに手間がかかるというデメリットもあります。

まとめ ~テレスコープ式の入れ歯での治療を検討している方へ

保険内診療で作れる入れ歯は、外れやすい・ズレることがある・入れ歯と歯肉の間に物がはさまりやすい・残っている歯に負担がかかる・見た目が悪い、といった欠点がありました。

そのデメリットを解消するために生まれたのがテレスコープ式の入れ歯です。

正しい技術で作られたテレスコープ式の入れ歯は、しっかりと固定されて外れにくく、硬いものでも噛むことができます。入れ歯と歯肉が密着しているので、間にものがはさまることもほとんどありません。残っている歯への負担も軽減されるため、違和感も少なくなります。

入れ歯を使っている時に感じるストレスが少なく、見た目にも自然なテレスコープ式の入れ歯。たしかに、高い歯科技術と高額な治療費が必要になるといったデメリットもあります。

しかし、快適な日常生活が送れるという喜びは、お金には換えがたい価値のあるのではないでしょうか。

テレスコープ式の入れ歯はきちんとメンテナンスすれば、一生涯使い続けることも可能です。お口の中の状態が変化しても、修理・調整して使い続けることができます。

ドイツのことわざのように、お金が有り余っているわけではないからこそ、良いものを手に入れて使い続けるという選択肢を考えてみてもいいのではないでしょうか。

 

SNSでフォローする