【種類別】入れ歯ができるまでのステップ全図解

入れ歯はあなたの人生を豊かにしてくれる、なくてはならないものです。
でも、「入れ歯をつくるときになぜ何回も型を取るの?」「なぜ、入れ歯が完成するまでには時間がかかるの?」といった疑問を持っている方も多いかもしれませんね。
人によっては、時間がかかるからといって入れ歯を作ったり、作り直したりすることに二の足を踏んでしまうことがあるかもしれません。

けれど、お口に合った使い心地のいい入れ歯をつくるためには、ひとつひとつステップを積み重ねていくことが必要なのです。どんなステップを積み重ねたかということによって、入れ歯の質や見た目には大きな違いが生まれるのです。

ここでは、実際の入れ歯ができるまでの3つの方法のステップを、イラストや写真とともにご紹介したいと思います。

つくり方によって何が変わるの?

入れ歯と一口に言っても、その種類によってつくり方は様々です。
また、健康保険制度や費用、患者さんの希望や負担との折り合いなど、患者さんの状態や歯科医師の方針によってもつくり方に差ができます。
この記事では、

  • 一般的な保険内の総入れ歯・部分入れ歯
  • 「上下顎同時印象法」でつくるフィット感の高い総入れ歯
  • 正式なテレスコープ義歯

この3つができるまでのステップを順番にご紹介しますが、初めに、この3つのつくり方の特徴と違いを簡単に説明しましょう。

保険内でつくれる総入れ歯・部分入れ歯

最初は、健康保険内で総入れ歯や部分入れ歯をつくる、一般的な方法です。

保険内の入れ歯は費用が安く、ほとんどの医院でつくることができるというメリットがあります。
けれど、保険内で入れ歯をつくる場合は、使用できる器材や方法に制限があります。
法律で定められたもの以外を使ってしまうと保険がきかなくなってしまいますので、ある意味、狭い選択肢の中で入れ歯をつくることになります。
いくら優れた技術を持った歯科医師や歯科技工士でも、制限の多い保険制度の中で、本当に満足のいく入れ歯をつくることは難しいというのが現実です。
このため、噛み合わせのズレや違和感の大きさや、見た目の問題などが生まれやすくなってしまうということがあります。また、劣化しやすい素材を使わなければならないというデメリットもあります。

せっかくつくったものの、結局は使い心地や見た目の悪さに患者さんが満足できず、他の医院や保険外の方法でつくり直すことになってしまうケースも珍しくありません。

フィット感の高い「上下顎同時印象法による入れ歯」

保険内の一般的な方法では、総入れ歯の場合でも、お口の上と下の型をバラバラに取ることになります。
この方法だと、後で合わせたときに上下の噛み合わせがズレやすいというデメリットがあります。このため、調整の回数や余分な作業が増え、お口にフィットした仕上がりが難しくなってしまいます。

これに対して、「上下顎同時印象法」では専用の型どりトレーを使い、上下の型を同時に取ります。
上下をセットで型取りすることによって、自然な噛み合わせの状態の型をとることになり、筋肉や体の軸とのバランスも調和したフィット感の高い仕上がりが可能です。あとで調整しなければならないような二度手間も生じません。

「上下顎同時印象法」では、最後の仕上げも保険内のものとは異なりますので、加工による素材の縮みがほとんど起こりません。仕上がりは非常に薄くなめらか、丈夫で劣化しづらく、噛み合わせや見た目にも優れたフィット感の高い総入れ歯がつくりれる方法です。

ドイツの歴史が生んだ精密な「テレスコープ義歯」

テレスコープ義歯とは、入れ歯の技術が最も進んでいるとされるドイツ式の入れ歯です。といっても、新しい技術ではなく、その歴史は1886年以来、130年以上さかのぼることができると言われています。そうした長い期間をかけて絶えまなく改良され、進化しつづけて現代にいたった技術で、非常に精密な入れ歯として高い評価を得ているのが、テレスコープ義歯です。

テレスコープ義歯は、一般的な入れ歯で用いられる金属のバネではなく、はめ込み式の機構を用いて入れ歯を固定・維持します。残っている歯に冠をかぶせて入れ歯をはめこむ形なので、冠と入れ歯の両方の型を正確に取る必要があります。

はめこみ式であるテレスコープ義歯は、精度が命の入れ歯です。
そのよさを十分に生かすためには、本場ドイツから伝わった正式なつくり方のステップを守ることが大切です。
少し手間がかかりますが、その分しっかりとお口に合った入れ歯ができあがります。

残念ながら、正式ではないつくり方によって仕上がりの質を下げてしまっているケースがあります。
このため、「テレスコープ義歯ははずれやすく使いづらい入れ歯だ」という誤解が一部にあるのは残念なことです。
テレスコープ義歯をつくるときは、正式なつくり方のできる歯科医院に相談しましょう。

比べてみよう
3種類の入れ歯ができるまでの各ステップ

それでは、3種類の入れ歯のつくり方をステップごとに紹介していきましょう。
入れ歯をつくるときは、診療で患者さんが関わるステップと、診療後に歯科医師や歯科技工士が行うステップを交互に通ることになります。

一般的な保険内の総入れ歯・部分入れ歯ができるまでのステップ

診療 医院・技工所

お口の型どり

トレーと呼ばれる器具に、固まるガムのような型どり剤を盛り、それを患者さんのお口の中に入れて上と下にそれぞれ押しつけ、型を取ります。
一般的な保険内の総入れ歯・部分入れ歯ができるまでのステップ

トレーに型どり剤を盛ります

模型・個人用トレーをつくる

取れた型に石こうを流しこみ、患者さん自身のお口の中の模型を作ります。
この模型に合わせて、今度は個人用トレーをつくります。個人用トレーは、よりくわしい型を取るためのものです。1回目の型を取るときにトレーを個人用に調整し、1回で済ます方法もあります。

石こうでできた模型

個人用トレーでの型どり

個人用トレーでもう一度型を取ります。

取れたお口の中の型

入れ歯の基礎をつくる

個人用トレーで取った型からつくった模型を元にして、噛み合わせをチェックするための入れ歯の基礎をつくります。
入れ歯の基礎は、床になるベースプレートに、後で人工歯が並ぶ部分のアーチを組み合わせてつくられます。人工歯が並ぶ前のアーチには、噛み合わせの記録や調整ができるロウ(ろうそくの「ロウ」と同じ)の素材を使います。

これが入れ歯の基礎。色のついた部分がロウ

噛み合わせや見た目のチェックと記録

入れ歯の基礎を患者さんのお口にはめ、噛み合わせや見た目をチェックし、人工歯を並べるときの中心位置や高さなどを定めてアーチに記録していきます。明らかな問題や違和感があれば、入れ歯の基礎を調整し直します。

人工歯を並べて仮入れ歯をつくる

患者さんのデータが記録された入れ歯の基礎を、咬合器(こうごうき)という装置に取りつけます。
咬合器は、患者さんの関節や顎の状態を装置上に再現し、入れ歯の嚙み合わせをチェックするためのものです。ここで記録されたデータに合わせて人工歯を並べていきます。
部分入れ歯の場合は、このときにお口の中に固定するためのバネやバーなどの部品を合わせてつくります。

仮の入れ歯の完成

仮入れ歯の試適(チェック)

人工歯の並んだ入れ歯の基礎を患者さんにはめてもらい、噛み合わせや位置関係や見た目をチェックします。
この作業を試適といいます。
問題があれば、再び調整を加えます。

本入れ歯を仕上げる

試適が終わった仮の入れ歯を技工所に送り、最後の仕上げに入ります。
仮の入れ歯を石こうの中に埋めて型を取り、ロウを洗い流した後の空間に、レジンというプラスチックを入れて固めます。
入れ歯に使うレジンはピンク色をしていて、歯肉を人工的に再現しています。
これで本入れ歯が完成します。
このつくり方の場合は、レジンが少し縮んでズレができるので、もう一度咬合器に取りつけ、最後の調整を加えます。

本入れ歯が完成

「上下顎同時印象法」での精度の高い総入れ歯ができるまでのステップ

診療 医院・技工所

専用トレーで上下同時の型どり

患者さんの顔にフェイスボウという装置をあて、専用トレーでお口の中の型を上下同時に取ります。
フェイスボウは、頭全体と噛み合わせ位置のバランスを定めるための装置で、これを使うことにより、自然で正確な位置での型どりがしやすくなります。
「上下顎同時印象法」での精度の高い総入れ歯1

フェイスボウと専用トレーを使った上下同時の型どり

模型から個人用トレーをつくる

取った型からお口の中の模型をつくり、咬合器上で患者さんの噛み合わせの状態を再現しながら、上下顎同時印象専用の個人トレーをつくります。
「上下顎同時印象法」での精度の高い総入れ歯1

個人用トレーが完成

個人用トレーでよりくわしい型どり

個人用のトレーを使い、もう一度お口の上下の型を同時に取ります。このときには下顎の運動の状態も調べて記録し、中心を合わせて再びフェイスボウをあて、よりしっかりとした噛み合わせの位置を定めます。
この方法では自然な状態でのお口の型が取れるので、筋肉や関節の動きにもフィットしやすい入れ歯づくりが可能になります。
型どりが終わったら、患者さんの希望も聞きながら人工歯の素材や色を決めていきます。
「上下顎同時印象法」での精度の高い総入れ歯2

患者さんの自然な噛み合わせの状態の型が取れる

くわしい型を元に仮の入れ歯をつくる

2度目に取ったくわしい型でお口の中の模型をつくり、ロウの素材で歯肉の部分のアーチをつくります。そして、フェイスボウなどから得た様々なデータに基づき咬合器にはめます。これで患者さん自身の自然な噛み合わせが再現されるので、その状態で人工歯を並べていきます。
「上下顎同時印象法」での精度の高い総入れ歯1

仮の入れ歯が完成

仮の入れ歯で最終のチェック

仮の入れ歯を実際に患者さんのお口にはめ、噛み合わせや違和感や見た目などをチェックします。問題があれば微調整を加えていきます。

入れ歯の完成

調整が終わった仮の入れ歯を技工所におくり、仮の入れ歯を本入れ歯の素材に変えて仕上げます。ここで使うのは、イボカップシステムという方法です。保険内の方法と比べ、特殊な高圧をかけて強度の高いレジン(プラスチック)を加工するため、熱による変形を防ぎ、薄く丈夫で美しい仕上がりになります。
「上下顎同時印象法」での精度の高い総入れ歯3

とても美しい総入れ歯が完成

正式なテレスコープ義歯ができるまでのステップ

診療 医院・技工所

患者さん自身の歯の準備と型取り

テレスコープ義歯は患者さん自身の歯を利用してそこに冠をはめることになります。
このため、まずは歯の形を整え、お口全体の型を取って石こうの模型をつくり、本入れ歯が完成するまでに使用する仮の入れ歯を先に準備します。
正式なテレスコープ義歯1

本入れ歯が出来上がるまでは仮の入れ歯を使います

次に、トレーに型どり剤を盛り、冠をはめる支台となる歯の型を取ります。
正式なテレスコープ義歯1

マールブルグ大学(ドイツ)のレーマン教授が開発した積層印象法(Korrekturabdruck法)による型取り

歯にかぶせる冠をつくる

取った型を元にして、支台になる歯にかぶせる冠(内冠)を金属でつくります。
この先のステップで生じるズレを防ぐための仮止めキャップや、入れ歯側の型を取るための個人トレーも準備します。
正式なテレスコープ義歯1

支台の歯にはめる金属の内冠が完成

内冠の試適(チェック)・型どり・噛み合わせの記録

できあがった内冠を患者さんの歯にはめてフィット感を細かくチェックし、問題が無ければその状態で個人トレーを使い型どりをします。この型を元にして、技工所で入れ歯につける方の冠(外冠)とフレームをつくります。そのときに必要な患者さんの噛み合わせや顎の運動のデータもはかり、くわしく記録していきます。
正式なテレスコープ義歯2

内冠を歯にはめたところ

外冠とフレームをつくる

内冠をはめた状態の型を元に模型をつくり、診療で取った患者さんのデータに合わせ咬合器(こうごうき)にはめ、正確な噛み合わせの位置を再現します。
ここから、入れ歯の外冠とフレームをつくる作業を行っていきます。

歯と内冠、内冠と外冠、外冠とフレームのそれぞれがピッタリ合うようにしなければいけません。このため、技工所では大変な手間をかけていくつもの作業を行います。
他の入れ歯づくりに比べて手間がかかりますが、精度の高いテレスコープ義歯をつくるためには、1つ1つの作業がとても大切です。
正式なテレスコープ義歯2

入れ歯の形になってきました

外冠・フレームの試適と噛み合わせ位置の確認

外冠とフレームを患者さんの歯にはめてフィット感などをチェックし、再び噛み合わせの位置を確認します。

人工歯を並べる

咬合器で正しい噛み合わせ位置に合わせながら、患者さんの歯の無い部分に入る人工歯を並べていきます。
正式なテレスコープ義歯3

人工歯がきれいに並びました

人工歯の試適・完成前の最終チェック

人工歯が並んだ状態の仮義歯を患者さんにはめてもらい、歯並び、噛み合わせ、違和感や見た目の最終チェックをします。

本義歯の完成

歯肉にかかる部分の仮素材を入れ変え、本義歯の完成です。
正式なテレスコープ義歯4

これで完成

内冠をつけて試適

患者さんの歯に内冠を取りつけて完成した義歯をはめ、最後の試適をします。
正式なテレスコープ義歯5

とても美しい仕上がりになりました

まとめ

いかがだったでしょうか。
一口に入れ歯と言っても、できるまでのステップは様々ですね。
こうしたステップを理解しておくことによって、自分の治療が今どのような段階にあるのかということがわかります。
よりフィット感の高い美しい入れ歯を手に入れるには、その素材はもちろんですが、つくり方のステップも重要なポイントになります。

 

SNSでフォローする