信頼できる歯科医の見分け方

信頼できる歯科医の見分け方

入れ歯の治療は、もちろん歯科医にお願いするわけですが、一口に歯科医と言っても、その特徴は様々です。人間同士なので相性もあり、残念なことながら、中には誠意のない治療を行う歯科医も存在しています。
信頼できる歯科医を見つけることができるかどうかは、あなたの入れ歯が成功するかどうかに大きくかかわってきます。
信頼できる歯科医を見分けるためには、どのようなポイントを意識すればいいのでしょうか?

「自分は歯科医に何を求めるか?」を意識しておく

「信頼できる歯科医」と言っても、その答えは患者さんの側にあります。そして、その答えは患者によって様々であると言えます。
最先端の治療技術を持っている歯科医にこそ信頼を寄せる、という人もいれば、定番治療を中心に行う歯科医の方が好ましい、という人もいるからです。

歯科医も人間ですから、歯科に関するすべてをオールマイティにこなせるわけではありません。それぞれに、得意分野や、目指している方向性が異なります。

例えば、入れ歯治療を求めている患者さんが、インプラント治療の第一人者の歯科医の元に行ったとしても、満足のいく治療は難しいだろうということが言えます。
また、高額になっても、品質の良い入れ歯があるなら、それを選択したいと希望する患者さんが、入れ歯は保険内のものを中心に扱う主義の歯科医にかかっても、やはり満足を得られないでしょう。

それらの歯科医が、いかに優れた技術と人格を持っていて、一般的には「信頼できる歯科医」にふさわしかったとしても、患者さん自身の希望する方向と折り合わなければ、あまり意味がないわけです。
歯科医選びの際は、患者さん自身が、治療や歯科医対してどのようなことを求めるかを意識しておくと、「自分にとって信頼できる歯科医」を探しやすくなるでしょう。

予防やメインテナンスに力を入れている歯科医を探す

現在の歯科医療は、「予防」をメインに置く考え方が基本です。
いかに優れた治療法であっても、やはり天然の歯の機能にかなうことはできません。問題が起こってからでの治療は、患者さん自身の体や経済面にも負担がかかります。

もちろん病気や老化は避けられないものです部分もありますが、定期的なメインテナンスなどの「予防」によって、むし歯や歯周病の発生・進行はかなり食い止められることがわかっています。入れ歯やインプラントも、後のメインテナンス次第で寿命が大きく違ってきます。

歯科治療は、骨折などと異なり、「治ればそれで終わり」ではありません。一生涯を通じ、地道なメインテナンスを続けていく必要があり、むしろ治った後の方が重要かもしれません。

信頼できる歯科医のポイントの大きな1つは、「予防」を重視し、治療が終わった後には再発を防ぐためのアドバイスやメインテナンスを行ってくれることと言えるでしょう。

1.咬み合わせを重視している

歯は、悪くなったところだけを治せばいいというものではなく、全体の咬み合わせのバランスが大切です。入れ歯治療はもちろんのこと、むし歯治療、歯周病治療の際にも、咬み合わせの問題は大きく関わります。見た目の美しさを求める審美治療であっても、咬み合わせを無視してしまうと、本当の機能美をかなえることはできません。

本格的な矯正治療が必要な不正咬合の場合は、矯正専門医の介入が必要なときもありますが、基本の咬み合わせに関しては、一般の歯科でも重視するところが増えています。

咬み合わせは、歯や口内だけではなく、全身のバランスや消化機能とも関わります。咬み合わせを大切にする歯科医は、患者さんの健康をよく考えている歯科医とも言えるのです。

2.カウンセリングに時間を取ってくれる

歯科治療においては、患者さんと歯科医のコミュニケーションが不可欠です。ごく初期のむし歯などなら、歯科医に任せておけばいいですが、ある程度の治療になれば、とくに初回はゆっくり話す時間が取れる体制の方が信頼は置けるでしょう。

ただ、1日に複数の患者さんを受け持たなければいけない小型の医院では、歯科医自身が十分に時間を取ることが難しい場合もあり、また、患者さん自身も、最初は女性スタッフの方が話しやすいという人もいることから、一番初めは女性スタッフがカウンセリングを行い、基本的な情報が伝わってから歯科医とのやり取りとなる場合もあります。

いずれにしても、「落ち着いて話しやすい雰囲気」というのは信頼感を築くための大きなポイントとなるでしょう。

3.治療の選択をする際に説明をしてくれる

歯科治療には様々な選択肢があります。
詰め物ひとつ取っても、保険内の合金やプラスチック、自費のセラミックやゴールドなど、それぞれにメリット・デメリットがあります。保険治療より、自費治療の方が、長い目で見て患者さんのメリットとなると判断すれば、自費治療をすすめることもありますが、患者さんに対して何の説明もせずに、治療を押しつけたり、デメリットは言わずにいいことばかりを話したりする歯科医に信頼感を持つのは難しいでしょう。

とくに、入れ歯治療は選択の幅が広くなるため、治療前に十分な説明やカウンセリングを行い、患者さんが納得の上で治療を決断できるような体制が好ましいと言えます。

4.プライバシーに配慮してくれる

医療の相談はデリケートな部分があり、他の患者さんには自分の悩みを聞かれたくないと思う人も多いのではないでしょうか。いくら話を聞いてくれる体制の歯科医院だったとしても、話した内容が他の患者さんにまで筒抜けになるような環境では、心を開いて相談するのは難しいかもしれません。

プライバシーに配慮してほしいと望む患者さんの場合、個室やパーテーションで区切ってあるカウンセリングルームや診療室が配置されているかどうかをチェックしておくのもポイントになります。

5.ホームページに院長自身の方針が書かれてある

何度も書いている通り、歯科医といえども人間ですから、基本的な治療を除いて何もかもをオールマイティに行えるわけではありません。浅く広くをモットーにする歯科医もあれば、あえて得意ジャンルを絞り、その道を深めていこうとする歯科医もあります。

どのような姿勢がいいかは、患者さんの求めるものによって答えが変わると思いますが、ある程度は方針が見えている方が、信頼しやすいと言えるでしょう。

現在はホームページを持っている医院が圧倒的に多いため、そこを読むことで、判断材料のひとつにすることができるでしょう。価格や治療法や美辞麗句を並べただけのものよりは、院長自身の方針、得意分野、どのような歯科医を目指しているかなどの情報が含まれていると、より参考になります。

ただ、ホームページだけがすべてというわけではなく、実際の内容とは異なっていたり、とても良い歯科医なのにピーアール下手だったりということもあるので、直接電話したときの対応や訪れたときの雰囲気なども合わせ、判断するのがいいでしょう。

6.清潔さ・安全性への対策がされている

医療現場では、清潔さや安全性が守られているのは当然ではありますが、なかなかそれが行えていない医院があるのも現状です。近年は国レベルで感染症対策の規則が厳しくなったため、ひと昔前に比べると清潔さ・安全性への意識は格段に高まってはいますが、患者さんに伝わるような形で清潔さ・安全性への対策がされているかどうかということも、信頼できるポイントのひとつつと言えるでしょう。

現在は、清潔さ・安全性への対策について、各医院の取り組みをホームページで紹介できることになっているので、そのあたりをチェックしてみるのもいいかもしれません。

7.所属学会・認定医・専門医などの情報がある

歯科医は何らかの学会や研究会に所属していることが多く、どんなところに属しているかによって何を重視しているかがわかります。それがすべてというわけではありませんが、その歯科医の方向性を知るためのひとつの参考情報になります。

中でも、認定医や専門医には、それぞれ認められるための要件があり、一般的には勉強会に定期参加して新しい技術や知識を学び、試験をクリアした歯科医に与えられる称号なので、その分野についての高度な知識や技術を持っていると判断されています。

8.人としての信頼感が持てる

歯科医と患者さんの関係も1つの人間関係です。技術や方針はもちろん重要ですが、最終的には人としての相性も重要なポイントになります。

どのようなタイプの歯科医に人としての信頼感を持つかは患者さんによって違うので、人づての噂などよりは、自分自身の感覚で判断することが大切です。

まとめ

ホームページなどの情報や医院の体制・雰囲気である程度の判断はできるものの、本当の「信頼」は、実際のカウンセリングや治療過程の中で生まれるものです。

自分にとって信頼できる歯科医を見分けるためには、治療への不安や悩みは思い切って打ち明け、わからないことには説明を求め、コミュニケーションを積み重ねていくことも大切です。
とくに入れ歯治療では、目に見える検査の他に、患者さん自身の希望、生活や健康の状態、費用面での問題など、様々なことが治療方針に関わってきますので、初回に落ち着いて話せる体制があるかどうかが、信頼を築けるかどうかの大きなポイントであると言えるでしょう。

 

SNSでフォローする