知って安心、デンタルローンを活用しましょう

入れ歯は人生を決める選択肢!高い買い物ではありません」にも書いたように、良い入れ歯はあなたの人生の価値に見合うものであり、決して高いものではありません。
とはいえ、実際に治療費がかかることも事実です。
 高くて手が出ないと悩んで、あきらめてしまってはいないでしょうか。

 入れ歯の良し悪しは全身の健康にも影響を及ぼすものであり、お金には換えがたい問題です。なのに、まとまったお金が手元にないからと諦めてしまうのも、やはり人生を無駄にしているのと同じことだと言えます。

 お口の状態は、放置している期間が長ければ長いほど悪くなっていきます。「治療費が貯まるまで」と思って何もしないでいると、いざ貯まったときにはもっと治療費がかかる事態になっているということも。これではいつまで経っても治療が始められません。

 そんな時に使える便利なシステムがデンタルローンです。もし治療費で悩んでいるのなら、デンタルローンを考えてみてはいかがでしょうか。

そもそもデンタルローンとは?

 ごく簡単に言うと、デンタルローンとは歯科治療専用の立て替え払い契約です。さまざまな銀行や信販会社が、デンタルローンのプランを提供しています。基本的には家や車のローンと同じで、その目的が歯科治療費だと考えればいいでしょう。

 デンタルローンの契約を結ぶと、契約した銀行や信販会社が治療費を一括で支払います。その後、患者さんは契約に従って、分割で銀行や信販会社に返済していくようになっています。返済は銀行の口座などから自動引き落としされるので、毎月振り込み手続きが必要といったこともありません。

 現在、デンタルローンを行っている銀行や信販会社には、スルガ銀行、千葉銀行、アプラス、オリコ、ジャックス、セディナなどがあります。また、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行などでは、デンタルローンにも対応したフリーローンを行っています。

 細かい契約内容は銀行や信販会社によって違いますが、基本的には利息が比較的低めで、分割回数も多めに設定できるため、月々の支払いの負担も減らせます。20歳以上で安定収入があれば、ほとんどの場合は保証人の必要もありません。

 また一般的なローンは、収入がないと組むことができません。でもデンタルローンなら、保証人をつけるといった条件はあるものの、学生や主婦、年金受給者でも利用できるようになっています。

 申し込みの形式も、歯科医院を通して受け付けるところ、個人で申し込みができるところなどさまざまです。しかしほとんどの場合、治療を遅らせることのないよう、簡単な手続きで迅速に審査が行われるようになっています。治療費に悩んでいるのなら、まずはかかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

デンタルローンとカードローンの違い

 デンタルローンは、歯科医療費の支払いに特化した専用のローンです。そのため、会社によって違いはありますが、上限金額や年利、支払期間(分割回数)も利用しやすいように設定されています。

 通常は貸金業法の総量規制という法律で、年収の1/3以上に当たる金額を借りることはできません。しかしデンタルローンは、歯の治療という目的がはっきりしているため、一般のローンとは別と見なされ総量規制の対象外となっています。そのため、年収の1/3を超える金額でも借りることができます。

 デンタルローンの標準的な上限金額は500万円で、年利は5.0%~11.0%、分割回数は最大120回。事前に電話審査やWeb審査を行い、歯科医院を通して申し込みをうことで、書類を提出しなくてもローンが組めるようになっている場合もあります。

 一般的なクレジットカードの年利が13.0%~15.0%ですから、かなりお得に設定されていることが分かります。分割回数でも、クレジットカードでは最大24回程度しか設定できないことが多く、毎月の支払額が高くなり負担を感じるようになってしまいます。

 クレジットカードでもリボ払いなら、毎月の支払額を抑えることができますが、支払期間が長引いた結果、複利計算で実質年利が15%以上になることも。利用するとポイントが貯まるという利点もありますが、利率を考えるとあまりお得とは言えません。

 銀行の多目的ローンのなかには、デンタルローンよりも低い利率が設定されているものもあります。しかし、審査にさまざまな確認書類が必要だったり、連帯保証人を立てる必要があったりと、デンタルローンに比べて手間がかかる場合がほとんどです。

デンタルローンのメリットとデメリット

 デンタルローンでは歯の治療という目的に合わせて、さまざまなサービスが用意されています。もちろん内容は銀行や信販会社によって違いますが、共通しているのはすぐに利用できて、余裕をもって返済できるよう考えられていること。ここで改めて、デンタルローンを利用するメリットを見てみましょう。

  • 治療にかかる金額によって、自由に利用額が決められる
  • 分割回数が多く、月々の返済額が抑えられる
  • 利率や分割手数料が低めに設定されている
  • 歯科医院やWebが窓口になっていて、手軽に申し込める
  • 学生や主婦、年金受給者でも、保証人をつけるなどの条件をクリアすればローンが組める

 こうして見るといいことづくめに思えるデンタルローンですが、もちろんデメリットもあります。

 最大のデメリットは、デンタルローンの取り扱いを行っている歯科医院の数が、まだそれほど多くないことです。
 かかりつけの歯科医院がデンタルローンに対応していない場合、個人でローン会社を探して申し込まなければなりません。

 また、歯科医院が窓口になっているデンタルローンなら、治療費はローン会社から直接歯科医院に支払われる場合がほとんどです。しかし対応していない医院では、一度自分の口座に振り込んでもらってから、歯科医院に支払いに行かなければならないといった手間がかかることもあります。

 ほかにも、いくら手軽に利用できるとはいってもローンですから、利用審査で落とされてしまうこともあります。年利や分割手数料もかかりますから、貯めておいた現金で支払うよりは当然高くなります。

デンタルローンで節税もできる?

 会社員の方なら年末調整、それ以外の収入のある方は確定申告を行っていることと思います。そのなかに、医療費控除という項目があるのは知っていても、詳しくはよく分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 医療費控除とは、1月1日から12月31日までの1年間にかかった医療費が10万円を超えたときに受けられる控除です。10万円(総所得が200万円未満の場合は、総所得の5%)を超えた金額から、医療保険などで受け取った保険金を差し引いた金額は、医療費控除によって非課税になります。
 デンタルローンは、治療費をローン会社が一括で立て替え払いをするシステムですから、治療費全額がローンを組んだ年の医療費として控除の対象になり、ローンで分割して支払うよりも控除額が高くなります。

例=歯の治療費48万円

  • 通常のローンで24回払い、月々2万円を支払う場合
     年間の支払額は2万円×12か月分=24万円になります。
     医療費控除で定められた10万円を超える額は、24万円-10万円=14万円ということになります。
     48万円を返済する2年間で換算しても、合計28万円しか控除されません。
  • デンタルローンの場合
     治療費48万円は、ローン会社が一括で立替払いをしていますから、全額が医療費となります。
     したがって、控除額は48万円-10万円=38万円となります。
     翌年の医療費控除が0円でも、通常のローンの場合よりも受けられる控除金額が多くなります。

 医療費控除額が増えれば、所得税や住民税を計算するためのベースとなっている課税所得が少なくなります。すると、翌年の住民税の金額が安くなる可能性があるのです。

賢いデンタルローンの選びかた

 ひと口にデンタルローンと言っても、各社ごとに契約内容は違います。利率だけを比較して契約したら、後で引き落とし口座の銀行が指定されていることに気づいたといったケースも。その銀行が近所にないと、入金にかかる手間や手数料も馬鹿になりません。

 なかには、現在すでにクレジットカードや消費者金融からの借り入れがある人もいらっしゃると思います。デンタルローンは総量規制の対象外で、月々の支払いも低く抑えられるとはいっても、さまざまな支払いが重なると負担も増えてしまいます。
 でもデンタルローンの中には、ほかのカードローンと合わせて一本化できるプランもあります。実際に申し込みをする前に相談してみるのもひとつの方法です。

 各社の利率や利用条件、申請方法などを比較して、自分に合ったデンタルローンを選ぶようにしましょう。なかにはホームページで返済シミュレーションができるローン会社もあるので、検討材料として利用したいものです。

まとめ

 お口にぴったり合った入れ歯は欲しいものの、治療費が用意できないという理由だけで諦めている人も少なくないと思います。でもデンタルローンが使えれば、誰でも自分の希望する治療が受けられるようになるのです。

 ひとりで悩んで諦めてしまう前に、まずはかかりつけの歯科医院に相談してみましょう。そしてよく検討した上で、快適で充実した日常生活を実現できるようデンタルローンをうまく利用してみませんか。

 

SNSでフォローする