【徹底比較】ブリッジvs.インプラントvs.入れ歯

 歯は人生の大切なパートナーですが、人間は永久歯が抜けてしまうと、二度と生えてくることはありません。
「1本程度なら、抜けてもそれほど問題がないのでは?」と思う方もいることでしょう。しかし、抜けてしまった分だけ、噛む力は確実に弱くなります。
 また、歯はお互いに支え合っているため、1本でも抜けてしまうと、ほかの歯にも影響が出てきます。そのため、歯が抜けてしまったときは、何らかの方法で歯を補う必要があります。
 現在の歯科治療では、失った歯を補う方法として、ブリッジや入れ歯、インプラントが行われています。
 どの治療を選ぶかは患者さんの希望が優先されますが、そのためにはまず、患者さん自身がそれぞれの治療法のメリットやデメリットをよく知っておかなければなりません。
 ここでは、ブリッジ・インプラント・入れ歯の特徴やデメリットなどを詳しく見てみましょう。

ブリッジとはどんな治療なのか

 ブリッジは、抜けてしまった部分の両隣りの歯を土台にして、ひとつながりになった人工の歯を入れる治療法です。その状態が橋を架ける様子に似ていることから、ブリッジと呼ばれています。

 ブリッジは入れ歯のように取り外しできるわけではありません。
 土台となる歯に、歯科用接着剤でしっかり固定されています。そのため、生まれ持った歯とほぼ同じように噛めますし、普段はブリッジが入っていることを意識することもありません。

 ただ、ブリッジを入れるためには、土台となる歯を削る必要があります。歯の上にそのままブリッジを取り付けたのでは、その部分だけ高くなって噛み合わせが変わってしまうからです。

 一般的にブリッジでは、土台となる歯を削る量や、土台となる歯の本数が多ければ多いほど、しっかりと固定できます。でも、土台にするために健康な歯を削らなければならないことに、抵抗感を持つ人も多いはず。削る量をなるべく減らしつつブリッジの強度を保つという、歯科医師の技術が問われます。

ブリッジのメリットとデメリット

 ブリッジは保険で治療できるので、治療費も比較的安価です。ごく一般的な治療法のため、全国どこの歯科医院でも治療を受けられます。そのため、歯が抜けてしまった場合は、まずブリッジでの治療を薦める歯科医院も多くなっています。

 また、虫歯治療とそれほど変わらない短期間で治療が終わるということも、ブリッジの利点のひとつです。生まれ持った歯と同じように噛めるので、歯が抜けた不自由な状態のまま長期間我慢しなければならないということもありません。

 ただし、ブリッジで治療できるのは、1本または2本連続で抜けてしまった場合のみ。それ以上の本数になると、ブリッジの強度も下がりますし、土台となる歯にも無理な力がかかってしまいます。さらに、歯が抜けてしまった部分の両側に健康な歯がなければ、入れることはできません。

 ブリッジは、メンテナンスさえ行き届いていれば、何年、何十年と保つ治療法です。しかし、時間が経つにつれて歯茎が痩せてくると、ブリッジと歯茎の間に隙間ができてしまうことがあります。

 取り外しができないブリッジは、しっかり噛めるという利点もありますが、反面、メンテナンスがしにくいというデメリットもあります。隙間には食べかすなどがたまりやすくなるので、気をつけて毎日のブラッシングを行わないと、土台の歯が虫歯になってしまいます。

 ブリッジは、土台となる歯が健康でなければ入れることができません。虫歯や歯周病になると、ブリッジを外して入れ歯などにしなければいけなくなることもあります。また、土台の歯には余分な負担がかかるので、使っているうちに歯が割れてしまうといったトラブルも。その場合も、入れ歯など別の治療に切り替えなければなりません。

ブリッジのメリット

  • 生まれ持った歯と同じ感覚で噛める
  • 固定式なので違和感が少ない
  • 治療期間が比較的短い
  • 保険診療なので治療費が安い

ブリッジのデメリット

  • 健康な歯を削る必要がある
  • 土台となっている歯に負担がかかる
  • 部位やお口の中の状態によっては入れられない
  • 固定式のためメンテナンスがしにくい
  • 将来的に、土台となっている歯を失う可能性がある
  • インプラントとはどんな治療なのか

     インプラントは、歯を失ってしまった部分の骨にチタンなどの金属製の土台を埋め込んで、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。人工の歯を骨で支えるという構造のため、生まれ持った歯とほぼ変わりなく噛めるようになります。

     ほとんどの人はインプラントの実物をじっくり眺めたことはないと思いますが、よく見ると3つの部分によって構成されています。顎の骨に埋め込む「人工歯根」と、歯の形をした「上部構造」、その間をつなぐ「アバットメント」という連結部分です。

     インプラント治療を行うには、まず人工歯根を顎の骨に埋め込まなければなりません。そのためには外科手術が必要になります。そして人工歯根が骨と結合するのを待って、アバットメントや上部構造を取り付けます。

     人工の歯を骨に埋め込んだ土台で支えるのですから、顎の骨が細かったり、骨がもろかったりする方には、インプラント治療はできません。また、外科手術に耐えられるだけの体力がないと無理ですし、糖尿病などの既往症がある場合は治療できないことがあります。

     これといった問題なくインプラント手術が可能な人でも、人工歯根と骨が結合するまでには数ヶ月単位の時間がかかります。歯が抜けてから治療終了までの期間は、年単位で考えなければいけません。

     また、インプラントは保険適用外の自由診療です。そのため、歯科医院によって治療費は違いますが、1本につき30~50万円が相場といわれています。

    インプラントのメリットとデメリット

     インプラントは、歯が抜けてしまった部分に人工歯根を埋め込んで義歯を取り付けるという、いたってシンプルな治療法です。ブリッジのように健康な歯を削る必要もなく、周囲の歯に余分な負担をかけることもありません。

     万が一、インプラント治療をしたところにトラブルが起きた場合も、その部分だけを治療すれば大丈夫。ブリッジのように、構造物を外して土台の歯を削り直すといった手間がありません。

     見た目も自然な歯とほとんど変わらず、治療していることが周囲に分からないという特徴もあります。患者さん自身としても、違和感なく使うことができます。

     しかし、インプラントは外科手術をともなう大がかりな治療です。場合によっては、麻痺などの後遺症が起こることも。それだけのリスクを負って人工歯根を埋めこんでも、骨とうまく結合しないこともあります。

     また、インプラントの上部構造には、生まれ持った歯と同じように歯石がつきます。でも、インプラントは歯よりも防御する力が弱いので、定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを受けなければいけません。それを怠ると歯周病になったり、最悪の場合はインプラントが抜けてしまうこともあります。

    インプラントのメリット

    • 自然の歯と同じように噛める
    • 見た目に治療していることが分かりにくい
    • 違和感がほとんどない
    • 周囲のはへの影響が少ない

    インプラントのデメリット

  • 自由診療のため、治療費が高額になる
  • 治療期間がかなり長くなる
  • 治療後も定期的なメンテナンスが必要
  • 治療を受けられないケースも多い
  • 外科手術にともなうリスクがある
  • 必ずしも成功するとは限らない
  • 入れ歯のメリットとデメリット

     入れ歯は、プラスチックや金属で作られた人工の歯を、お口の中に入れて使う治療法です。入れ歯を固定するには一般的に、クラスプと呼ばれる金属バネを使います。それ以外にもさまざまな固定方法がありますが、いずれも取り外しができるようになっています。

     ブリッジは、歯を失った部位によっては治療できないといったデメリットがあります。インプラントでは、既往症や体質によって治療を受けられないことがあります。

     これらの治療法に対して、入れ歯は、どんな人でも、お口の中のどの部分であっても適応できるということが大きな特徴です。ごく一般的な治療法なので、全国どこの歯科医院でも治療が受けられます。毎日のメンテナンスも、取り外してしっかりと行えるというメリットもあります。

     ただし、入れ歯は、残っている歯に金属バネなどを使って固定するため、支えとなる歯への負担が大きくなります。長年使っているうちに残っている歯が痛んで、抜歯しなければならなくなることも。また、ブリッジやインプラントに比べると、安定度はどうしても低くなります。

     お口の中に異物を入れている状態なので、最初は違和感を感じることも多いでしょう。金属バネで固定する方式だと、外見からも入れ歯だということがはっきり分かってしまいます。さらに、歯茎が痩せてくると入れ歯が合わなくなり、ガタつきが出てくることがあります。

    入れ歯のメリット

    • ほぼすべての人が治療を受けられる
    • 大きな欠損にも有効で、適用範囲が広い
    • 毎日のメンテナンスがしっかりできる

    入れ歯のデメリット

  • 支えとなる歯への負担が大きい
  • 噛む力が弱い
  • 見た目がよくないことがある
  • 違和感を感じることがある
  • がたつきが出やすい
  • デメリットを解決できる入れ歯の種類

     上ではごく一般的な入れ歯のメリットとデメリットを挙げましたが、これはすべての入れ歯に当てはまるものではありません。

     先にも言ったように、入れ歯には様々なな種類があります。いずれも、一般的な入れ歯のデメリットを解決するために生まれたものです。気になるポイントによって、適した入れ歯の種類も変わってきます。

     ここでは代表的な入れ歯の種類を紹介します。それぞれの入れ歯の特徴を知って、自分には合った入れ歯を選びましょう。

    レジン床義歯


    「床」とは、入れ歯の土台部分を指します。レジン床義歯とは、床プラスチックの一種であるレジンで作った入れ歯です。保険診療内で作れる、ごく一般的な入れ歯です。クラスプという金属製のバネを、残っている歯に引っかけて固定します。

     レジン床義歯は治療費が安くあがり、破損したときの修理が比較的簡単です。ただ、強度を出すために床をある程度厚くしなければならないので、ある程度違和感が大きくなるかもしれません。

    金属床義歯


     床の部分を金属で作った入れ歯です。レジンよりも強度があるので、噛む力も強くなります。同時に、薄く作ることができるので、違和感も少なくなります。

     また金属は熱を伝えやすいので、総入れ歯のような上顎を覆うような入れ歯でも、食べ物の温度が分かりやすいという特徴もあります。ただし、人によっては金属アレルギーを発症してしまうこともあります。また、レジンに比べると、修理や調整に手間がかかります。

    ノンクラスプ義歯


     クラスプを使わず、レジンで作られたフックで固定する入れ歯です。フックの色が歯茎の色にため、見た目が気になる人にはお薦めです。

     ただ、クラスプに比べると、噛む力は弱くなります。硬いものを噛むと、入れ歯がズレてしまうこともあります。また、長年使っているとゆるみが出てきますが、調整が難しいため、定期的に作り直す必要があります。

     ノンクラスプ義歯は保険の適用できない自由診療です。歯科医院によって違いますが、治療費の目安は10~30万円ぐらいです。

    テレスコープ義歯


     残っている歯に金属の冠をかぶせて、入れ歯を支える土台にする方法です。入れ歯をしっかりと支えられるため、噛む力が強くなります。土台となる歯にかかる力も、クラスプより軽減できるので、歯を長持ちさせることができます。

     治療法としては、一般的な入れ歯とインプラントの中間に位置すると考えていいでしょう。既往症があってインプラント治療を受けられないといった場合でも、テレスコープ義歯なら入れることができます。また、入れ歯であることが分かりにくいので、見た目を気にする方にもお薦めです。

     ただ、入れ歯を支える土台にするため、残っている歯を削らなければならないことに抵抗感を感じる場合も。さらに保険適用外の自由診療なので、1本につき30~60万円の治療費がかかります。

    まとめ

     いかがでしょうか。
     失った歯を補う方法として、ブリッジ、インプラント、入れ歯について紹介しました。これらのメリット、デメリットをよく吟味して、ぜひ、口の中の健康を取り戻し、豊かな生活を楽しんでいただければと思います。
     ブリッジの歴史は古く、紀元前の古代ギリシアにはすでに登場していたそうです。詳しくは「入れ歯と歯科の世界史<古代編>」という記事をご覧ください。

     

    SNSでフォローする